結婚モードで生きてみましょう

結婚出来ない3
結婚出来ない人なのでしょうか、それとも結婚をしたくない人なのでしょうか、適齢期を過ぎて結婚願望があるのにも関わらず結婚していない女性はこのタイプのどちらかです。
結婚したいのにいい出会いがない、と嘆いている前に本当に結婚をしたいと望んでいるのかどうか自分の胸に問いてみるのもいいでしょう。
今の生活を変えたくない、仕事が楽しい、もう生きがいが既にある、そんな女性は生活が結婚モードに入っていないのです。自分をしっかりと確立していて、自分の色をちゃんと持ってる女性ほどなかなかいい人に巡り合わないのは、出会いの問題ではなく自分が求めてない証拠なのです。

 

実際自分をしっかり持ってる女性は決めたことをこなす能力にはとても優れています。状況を客観しするのも得意なはずです。そんな人が本気で結婚を望んだら、それなりの段階を踏んでいい機会を作るはずです。出会いの機会など人の手でどんなにでも作れます。
しかし、この手の女性に限って運命的な出会いを求めているものです。白馬に乗った王子様を夢見ているのは意外に自分のライフスタイルを確立した出来る女性に多いのです。

 

適齢期にポンと結婚できてしまう普通の女性の方が身も心も柔軟で柔らかいのです。そしてとても現実的な頭を持っているのだと思います。どちらが良いどちらが正解というわけでもありませんが、結婚したいのに出来ない女性には何らかの原因があるものです。

 

そして結婚への概念も人それぞれです。
子供の頃から結婚に対して良いイメージを抱いて来た人、そうではなかった人など、これは女性のみならず男性にも言えます。最後はやはり出会いが物を言うのだと思いますが、まずは生き方を結婚モードに変えていくこともとても大事です。

 

最後にアドバイスです。
もしも結婚したい、素敵な人と出会いたいと願うのならば、何か習い事を始めてみましょう。
どこかの生徒になるのです。もちろん男性のいる場所が良いです。スポーツジムなど、定期的にいろいろなジャンルの人が行き交う場所へ出向くのは良いことです。
こんな些細なことこそが結婚モードの生き方なのです。

アラフォーの友人に言いたい!結婚できない理由はズバリこれだ

友人は羨ましいぐらいルックスがとても美人で、学生時代からよくモテていました。しかも、性格も明るく話上手なので、場を盛り上げるのが上手で、異性を惹きつける魅力が満載の女性です。そのため、彼氏がいない時期はほとんどいないといっても過言ではないぐらいのモテっぷりでした。
そんなモテ期全開で過ごしてきた友人ですが、結婚にはなかなか到達できずにいました。30歳に近づくと、周囲の友人のほとんどが結婚してしまいました。それでも友人は、まだ30歳なら余裕があると言って、相変わらず独身生活を謳歌していたのです。しかし、37歳という年齢になった今、さすがに結婚適齢期を過ぎてきたことを悟り、なぜ結婚できないのかと愚痴るようになりました。

 

友人が結婚までに到達できない理由はいくつかあると思います。まずは、相手を選びすぎるところです。これまで数々の男性と付き合ってきた経験があるだけに、結婚するなら最高の男性としたいと思っているようです。ルックス、職業、収入などいくつもの高い条件を作っており、それにマッチする男性を見つけようとしています。しかし、実際には、完璧な理想の男性に会うことは滅多にありません。友人が本当に結婚したいのであれば、1、2つは理想と違っていても目をつぶるといった、ある程度の妥協が必要となってくると思います。
結婚出来ない2
また、結婚に対する考え方がどこか偏った部分があるのも原因なのかもしれません。友人からすると、お金持ちに嫁いで、お手伝いさんがいるような優雅な生活がしたいのだそうです。しかし、お手伝いさんがいるような家庭は余程のお金持ちでなければ、そうそうあるものではありません。そういった結婚後の生活についての考え方が少し現実離れしているところがあるのです。このことによって、相手の男性に結婚したいと思わせることができていないのだと思います。友人が結婚するためには、結婚生活についての理想を、もっと現実的なものにすることが必要だと思います。